1. HOME
  2. サービス
  3. 教育研修
  4. Ⅲ:製品企画・製品戦略

教育研修

Training

教育研修

Ⅲ:製品企画・製品戦略

製品企画・製品戦略
Ⅲ-1 『マーケティング戦略の立て方』
目的 基礎的なマーケティング(調査、分析手法等)を身につけた後に、実際に製品を想定した各種分析とマーケティング戦略を立て、ワークやディスカッションをつうじて理解を深め、製品開発へ活かします。
概要 ・ポートフォリオ分析とシミュレーション
・STP戦略の立て方と各種分析
・マーケティングミックス(4P)
対象 中堅社員
時間 6時間×2回
費用 50万円+カスタマイズ費用 (別途消費税)
※:カスタマイズ費用は”Consulting based Training” 適用時に発生します。
備考 『Ⅱ-1:はじめてのマーケティング』『Ⅱ-2:マーケティング調査のやり方』『Ⅱ-3:マーケティング分析と手法』終了、または同等以上の知識や経験を有することを前提とします。
※:”Consulting based Training” 対応可
Ⅲ-2 『製品ライフサイクルと各種戦略』
目的 製品ライフサイクルの概要、経営のトップに位置している経営戦略と各種戦略についての理解を深め、製品ライフサイクルのステージにおける各種戦略(マーケティング・製品・技術)について学びます。
概要 ・製品ライフサイクルと技術戦略
・プロダクトポジショニング
・差別化戦略の立て方 他
対象 中堅社員
時間 6時間
費用 25万円 (別途消費税)
備考
Ⅲ-3 『価格創造と価値獲得』
目的 価値づくりにおいて、価値の種類別に理解を深めます。価値を生み出しても価値を獲得(売れる製品)できなければ企業としては意味がありません。特に開発者が目を向けがちな機能・性能向上による差別化ではなく、意味的価値という概念についてじっくりと学び、製品開発へと活かします。
概要 ・価値づくりの構成要素
・価値創造と価値獲得
・顧客価値と意味的価値の基本的事項
・付加価値と対価
・価値獲得と製品開発 等
対象 中堅社員
時間 4時間
費用 20万円 (別途消費税)
備考
Ⅲ-4 『製品アーキテクチャと模倣されにくい製品設計』
目的 基礎的なマーケティング(調査、分析手法等)を身につけた後に、実際に製品を想定した各種分析とマーケティング戦略を立てます。ワークやディスカッションをつうじて理解を深め、製品開発へ活かします。
概要 ・製品アーキテクチャ
・摺り合わせ技術とモジュラー設計
・模倣されない技術
・組織能力と製品設計 他
対象 中堅社員
時間 6時間
費用 25万円+カスタマイズ費用 (別途消費税)
※:カスタマイズ費用は”Consulting based Training” 適用時に発生します。
備考 ※:”Consulting based Training” 対応可
Ⅲ-5 『製品コンセプトの基礎と開発部門の役割』
目的 製品コンセプトの基本とこれからの開発部門・マーケティング部門の役割の再認識し、開発体制そのものに革新をもたらすために何をすべきかを学びます。
概要 ・製品構想と思想
・コンセプトとは何か?
・コンセプトメイキングの基礎
・開発プロセスと製品コンセプト 他
対象 中堅社員
時間 6時間
費用 25万円 (別途消費税)
備考
Ⅲ-6 『製品コンセプトとコンセプトメイキングを活かした組織づくり』
目的 開発の視点から見た製品の付加価値と組織の役割も学ぶ。特にBtoBにおける製品コンセプトづくりによる人材育成、プロジェクトの一体感醸成について学びます。
概要 ・短納期・開発コスト半減の実例より学ぶ
・プロジェクトマネジメントやチームビルディングの成功要因
・プロジェクト・ビジョン策定と効果
・プロジェクトを通じた人材育成 他
対象 中堅社員以上
時間 6時間
費用 25万円 (別途消費税)
備考 『Ⅲ-5:製品コンセプトの基礎と開発部門の役割』終了、または同等以上の知識や経験を有することを前提とします。
Ⅲ-7 『製品戦略』
目的 製品をどの市場で展開していくか等を決定する手段についての理解を深めます。製品戦略の一連のフレームワークをはじめ、製品プラットフォームの構築から製品ラインアップまで多岐にわたります。
概要 ・市場細分化と標的市場の選定
・プロダクトポジショニング
・新規プロダクトの開発
・プロダクトに関する意思決定
・プロダクトライフサイクル
・ブランド戦略との関係
・プロダクトの市場リサーチ手法
・差別化の検討
・ポジショニング戦略の策定
・自社の強み分析
・製品またはサービスのライフサイクル段階の分析
・新製品または新サービスの開発
・製品またはサービスラインとブランド
・製品戦略のフレームワーク
・戦略ビジョンの策定
・製品プラットフォーム
・製品ラインアップ 他
対象 中堅社員以上
時間 6時間×4回
費用 100万円+カスタマイズ費用 (別途消費税)
※:カスタマイズ費用は”Consulting based Training” 適用時に発生します。
備考 ※:”Consulting based Training” 対応可
Ⅲ-8 『テクニカル・マーケティング戦略』
目的 技術、開発部門が圧倒的なマーケティング力を身につけ、製品開発に活かせるまでの実戦を重視しています。日本においては、本講座と同等の研修などはほとんど存在せず、技術・開発部門をさらに強化したい企業にとって有益なものとなるでしょう。様々な技術課題をクリアしながら、最終的には役員レベルに対し、新製品の提案書が収益レベルから各種分析、検討結果まで加味した戦略レポートと製品概要の設計まで詳細に検討されたものを作成し、組織マネジメントとプロセス化するところまで作り上げます。
概要 マーケティングの基礎から各種調査・分析、ならびに戦略策定を学びます。技術的にかなり深いレベルまで入り込むため、実際の製品、図面、仕様書など製品設計、開発に関する資料をそのまま用います。技術レベルは要素技術まで言及し、知財やアライアンス戦略も視野に入れて、競合分析をつうじ圧倒的な差別化を狙います。差別化も機能とコストを同時に数値化することで一目瞭然となり、本当に必要な機能をいくらで実現するかが明確になります。様々な技術課題をクリアしながら、最終的には役員レベルに対し、新製品の提案書が収益レベルから各種分析、検討結果まで加味した戦略レポートと製品概要の設計まで詳細に検討されたものを作成し、組織マネジメントとプロセス化するところまで作り上げます。
・マーケティング戦略の基礎
・マーケティング調査
・マーケティング分析と手法
・技術戦略の基礎
・技術戦略コンセプト
・マクロ分析
・コア技術解析と設定
・技術動向調査、分析
・コア技術のアプリケーション設定
・市場特性分析
・製品コンセプト
・技術開発課題
・技術マーケティング基本戦略
・実践組織化
対象 中堅社員以上
時間 6時間×24回 (毎週実施で4ヶ月を目安とします)
費用 750万円 (別途消費税)
※:カスタマイズ費用は含まれます。
備考 ※:”Consulting based Training” のみ
< Ⅱ:マーケティング Ⅳ:業務プロセス・業務改善 >